よくある質問

Q. 屋根のリフォームってどんなことをするの?
A. お住まいの状態により、葺き替え、補修、塗装などを行います。
瓦の状態だけではなく、下地の状態などをよく確認しなければなりません。
既存の屋根の工法や屋根材によっても色々と違いがあります。

Q. どのくらいの周期でメンテナンスが必要?
A. どんな種類の屋根材を使っているかによって大きく異なります。

屋根そのものの寿命は、
□粘土瓦(焼き瓦)…20年~25年程度
□スレートやセメント系・10~15年程度

その頃には表面の防水機能が衰えるため、15年ごとにお手入れが必要だと言われています。
しかし、瓦そのものに問題が無くても、風雨や地震などで影響を受けた時にはメンテナンスが必要になることも。
いずれにしても10年を過ぎた頃から、住まいの健康診断である屋根点検をお勧めいたします。
ちょっとした瓦のズレから雨漏りを引き起こし、大掛かりなリフォームが必要になることもありますので、ぜひ定期的なチェックを行ってください。
ただし屋根の上に登る行為は非常に危険ですので、必ずプロにご依頼ください。

Q. 瓦屋根は高いって本当?
A. これは、屋根の価格を最終的にどのように考えるかの問題です。
屋根は非常に息の長い「商品」。
瓦屋根の商品の寿命は一般的に30年といわれていますので、それを基準に考えると、その価格の中に次のようなものが含まれているのが分かります。

□新築(あるいはリフォーム)時の屋根の代金(材料費と屋根工事費、いわゆるイニシャル・コスト)
□メンテナンス費(30年の間に必要とされる改修費、補修・修理費)
□冷暖房費など30年間に必要とされるエネルギー費

高い・安いという議論は、これらすべてを合計した上で比較しないと正確な判断はできません。
瓦屋根は高いというご指摘は、おそらく上記の内のイニシャル・コストだけを比較しているものと考えられます。
瓦屋根は、金属系やスレートの屋根に比べ多少の割高(10%~20%程度)になりますが、メンテナンス費やエネルギー費については、断然他の屋根材を引き離し、合計の差し引きではむしろ「安く」なります。

Q. どうしてプロの点検が必要なの?
A. まず、屋根の上は高所でとても危険だからです。
一般的な2階建ての住宅の場合、2階の屋根は6~6.5mほどの高さがあるうえ、傾斜があります。慣れていない方がのぼると重大な事故につながる恐れも。
また歩き方によっては瓦を踏んで割ってしまうなど、屋根材を傷つけてしまうこともあります。
そういった理由から、「プロによる点検」をお勧めするのです。
さらに、屋根材によってメンテナンスの方法も変わってくるため、適切なリフォームをするためにも、屋根のプロに点検・診断を依頼しましょう。

Q. 見積もりをお願いしたら、必ず工事を依頼しなければいけない?
A. いいえ、工事を依頼していただく必要はございません。
ご相談、またはお見積もりをご覧いただき、ご納得いただきまして「Furukawa Roofに依頼したい!」とお思いになられた時だけで大丈夫です。
こちらから強引な営業をすることはございませんので、ご安心ください。